ペットの名話 保管庫
  1. >>
  2. >>
  3. 我が儘インコのカイの初めてのお友達だったけど

我が儘インコのカイの初めてのお友達だったけど

アイドルインコ

友人の家のアイドルであるインコのカイは
少々わがままで気の強い所があります。

人間に対しても好き嫌いははっきりしていますが、
同じインコ仲間でも容赦しません。

知り合いの家で飼われているインコさんは穏やかな気性の
オバーリンブルーの羽が美しくインコ同士で
仲良くしてもらおうと会わせたのです。

カイときたら相手が好意的なのに、我関せずみたいな態度でした。
これでは友達も作れないしカイが性格を変えない限り
二羽目を飼うことはできなさそうです。

おとなしい性格の白インコ

ある日の午後、友人は公園でぼうっとしながら
お茶を飲んでいたのです。

目の前に白いものが横切ったかと思ったら
座っていたベンチの手すりにとまりました。

白いものの正体はインコでした。
友人が指をそっと出しても逃げ出さずに手に乗ってくれたので
都会の一部で野生化しているというインコではなさそうです。

白いインコは逃げ出すそぶりもなく近くには
飼い主さんらしい人もいないのでどこかの御宅から
逃げ出してきたのでしょう。

けっこう多くの飼い主さんが放鳥している時に
うっかり開け放した窓から逃がしてしまうということが起きるようです。

一度飛び出してしまうと思ったより飛べることが嬉しいのか
インコの方も帰る家の方向も忘れてしまう子が多いらしく
迷子になると探し出すのは難しいようです。

迷子を保護したら最寄りの警察と保健所に連絡を
すべきなのですが迷い犬や猫の場合は届出をする人も何故か
小鳥の場合はそのままにしてしまう人が多いらしいのです。

その場で少しの間待ってみましたが飼い主さんらしき人も
現れず白いインコも疲れたのかおとなしいままなので
とりあえず家に連れて行くことにしたそうです。

好き嫌いが激しいカイと同じ鳥かごに入れるのは
相性もわからないうちは恐ろしすぎてできないので、
以前カイの鳥かごだった古いのを出してきて
水入れや餌も用意するとおとなしく入ってくれました。

迷子のインコさん

近くの派出所に連絡するとよく見かけるおまわりさんが
来てくれて拾得物届けを出すことになりました。

今のところ飼い主さんからの迷子のインコの届けは
ないようなので連絡待ちするしかないです。

保健所にも連絡はしたので他にするべきなのは
インターネットが接続できる環境ならば迷子のインコの保護を
知らせることと、ポスターなどを作成することでしょうか。

友人もカイがいなくなったらと考えると恐怖感で
いっぱいになるらしいので、
飼い主さんの気持ちはよくわかるらしいのです。

ポスターを作って目立つ場所に貼らせてもらいながら
1週間が経ったのですが、絶対に仲良くなるのは無理だろうと
思っていたのに白インコさんの穏やかな性格に
慣れたのか最近二羽を室内で放鳥していると
とても楽しそうにしているのです。

友人も飼い主さんがもし見つからなければ
友人の家の二羽目のインコとしてお迎えすることも考え始めたころ
ポスターを見たといって飼い主さんが現れました。

白インコが飼い主さんに逢えて嬉しそうな様子に友人も
友人の家族も目を潤ませたそうです。

突然白インコがいなくなりカイの落ち込む様子は
すごく悲しそうで私がお土産に持っていった大好きなイチゴをあげても
半分以上も残してしまうほどで寂しそうに鳥かごの中に、
いるのにはこちらまで涙がでました。

カイ君はどうやらツンデレの人見知りならぬインコ見知り
だったようですがこれからは
友達もたくさんできるといいなと思いました。