ペットの名話 保管庫
  1. >>
  2. >>
  3. 毎日出会う捨て猫

毎日出会う捨て猫

雑種の美人

すらっとしたラインで、目がまんまるで手が小さくて、猫って本当にかわいいですよね。
長い尻尾を操るように歩いて、ふと振り返ると愛くるしい顔でこちらをじっと見ているのです。

そしてしばらくこちらが猫をおびき寄せる鳴き声などを出していると、近寄ってきて頭や背中をなでたりしているとかなり癒されます。
いわゆる捨て猫は様々な性格の子がいますが、毎日マンションの下で出会う猫は本当にかわいくて、掃除のおばちゃんや管理人さんにもかわいがられていたのです。

もう2年くらいになりますが、私が住んでいるマンションに一匹の野良猫が住み着いていました。
品種はきっと雑種ですが、目元が可愛くて毛がふさふさしていて、すごくかわいいです。
だれか拾ってあげてくれないかなと思うくらい可愛い猫です。

マンションに猫が居座ってしまうのは良くないことで、管理人さんも何度か追い出そうとしたのですが、猫ちゃんがしぶとくて行方不明になるまでの2年間はこのマンションに居座っていました。

きっと猫ちゃんにとっては、すごく住み心地の良いマンションだったのではないかなと思うのです。

日が当たる場所はたくさんありましたし、それに日が経つにつれてマンションの掃除をしているおばちゃんにかわいがられたり、マンションの住人さんに声をかけられたり、子供と一緒に遊んだりと、すっかり野良猫ちゃんはマンションの住人になってしまいました。

住人みんなのアイドル

エサも管理人さんが与えるようになりましたし、割とマナーがしっかりとできている猫でしたので、本当にみんなから愛されるようになりました。
私もよくこの2年間は遊ばせてもらいましたね。

背中をなでていると眠ってしまうこともしばしばあって、猫は本当に勝手気ままな生き物だなと思いましたが、その姿もまた愛くるしいのです。

そして最近になって、急に猫を見かけなくなったのです。
猫を可愛がっていた管理人さんや掃除のおばちゃんは、当然のように心配をして敷地内を探しているのですが、一向に見つかりません。
わたしも猫がいないことに気がついていたので、散歩に立ち寄る公園などを見回したのですが、猫はいませんでした。

もしかしたら私たちに悟られないようにいなくなったのかもしれません。
猫はもうすでに遠い世界へ旅立っているかもしれないです。

2年という短い間でしたが、マンションに礼儀正しい野良猫がやってきて、私の生活も少しばかり明るくなってきました。
正式には飼っていなかったのですが、あの猫と触れ合っている住民は、きっと友達のように接していたことでしょう。