ペットの名話 保管庫
  1. >>
  2. >>
  3. トムとジェリーの関係

トムとジェリーの関係

世界中が知っている猫の名話

猫にまつわる名話もたくさんあります。
みなさんも子供の頃一度は目にした事があるであろう、世界的に有名な猫もいます。
トムとジェリーはアメリカ生まれのアニメですが、日本でも昔からテレビで放送されていますね。
トムは猫、ジェリーはネズミです。

本来なら天敵同士の猫とネズミが、ケンカしながらもお互いをライバルとして認め合うという不思議な関係です。
このトムとジェリーにも最終話があり、その内容がとても感動的で泣けると評判になっています。

トムとジェリーの主題歌の中に、トムとジェリー仲良くケンカしな、というフレーズがありますが、この意味がよくわかる内容となっていて、最後にはホロリと感動してしまいます。

トムとジェリー感動の最終話

簡単にあらすじを紹介すると、ネズミのジェリーが大きくなり大人になった時、いいケンカ相手の猫のトムはすでに天国に旅立っていました。

猫は自分の死期が近づくとどこかに姿を消すと言いますが、トムも同じように最後はジェリーに自分の死ぬところを見せたくなかったのでしょう。

これは実際にペットとして飼われている猫も、どこかの物陰に隠れて最後を迎える事があります。
トムもペットとして飼われていましたが、もしかしたら最後まで良きライバルであったと、ジェリーに思って欲しかったのかもしれません。

トムは自分の死期が近いことを知って、ジェリーの前から姿を消します。
そんな気持ちを知ってか知らずか、ジェリーは悲しいというよりもケンカ相手が居なくなり退屈だと感じながら毎日を過ごしていました。

退屈だけど胸がチクチクするという、複雑な思いもあったようです。
ちょうどその頃トムに代わる新しいペットとして、トムよりも若く小さい猫がジェリーの前に現れます。

トムが居なくなり退屈だったジェリーにとっては、ちょうどいい遊び相手になりそうです。
早速ジェリーは新顔の猫をネズミ捕りに誘い込もうと、穴の空いた三角形のチーズを仕掛けました。

ジェリーはいつもトムにしていたように、罠にかかったふりをして新顔の猫を待ちます。

ところが新顔の猫は、まっしぐらにジェリーに襲いかかってきました。
思い切り噛み付かれジェリーは傷を負いますが、なんとか反撃して自分も噛み付き返します。

トムとは全く違う反応に驚きながら、新顔の猫に襲われ噛み付かれたことでジェリーは深い傷を負います。
傷が大きいためかなり出血しているので、次第に意識も遠くなっていきます。

この時ジェリーは、ネズミはどんなに頑張っても猫には到底かなわないという事を初めて知るのです。
つまりトムはいつも自分に優しくしてくれ、殺さずにいてくれたんだという事を思い知ります。

それと同時にトムが姿を消した時に感じた胸のチクチクは、トムを失った寂しさだった事を理解します。
結局ジェリーは死んでしまいますが、体から魂が抜け天国についたとき、見慣れた顔がジェリーを出迎えてくれました。

トムは天国でジェリーが来るのを待っていてくれたのです。
天国で再会した2人は、また昔のように追いかけ追いかけられたりしながら、仲良くケンカできる事を喜び合うというストーリーです。

アニメの中の話ですが、結末を知るとなんだか感動してしまいますね。