ペットの名話 保管庫
  1. >>
  2. >>
  3. 犬の十戒

犬の十戒

犬は言葉を話せないので、何を考え何を思うのかは誰にもわかりません。
一緒にくらしていればなんとなく何を言いたいのか、何を考えているのかわかるようになりますが、全ての犬好きの人、犬をペットにしている人、犬と共に暮らしている人に知っておいて欲しい事があります。

犬の十戒

作者不明ですが、言葉を話せない犬の代わりに人々に伝えたい10項目の事です。
犬の寿命は平均15年と人より短く、犬にとって飼い主と死に別れることは何よりも辛い事なのだと、犬と暮らす間に知ってください。

大好きな飼い主の言葉でも、犬はそれを理解するのに時間がかかることを知ってください。
飼い主に信頼される事は犬にとって一番の幸せであると知ってください。

いたずらや失敗をしてもいつまでも叱らず狭いところに閉じ込めたりしないでください、飼い主にはやる事がたくさんあっても、犬は飼い主しか楽しみも幸せも無い事を知ってください。

飼い主の言葉は完全に理解できないけど、飼い主が犬に話しかけてくれるのはとても幸せな事だと理解してください。
飼い主が犬にした事は全て覚えています。

犬がその気になれば飼い主の指を噛み切るなんて簡単な事です、でも犬は絶対に飼い主を傷つけたりしませんので、叩いたりいじめたりしないでください。

言うことを聞かない時はどこが具合が悪い事もあります、バカな犬と決めつけず犬がどんな状態なのかを考えてください。
犬も人もやがて年老いていきます、犬が年老いても見捨てず最後まで世話をしてください。

犬は何があっても飼い主を愛します、最期が近づいていても見ていられないと目を背けず最後の瞬間まで側にいてください、それが犬にとって一番の幸せです。

犬を飼う前に責任を自覚してほしい

犬を飼うきっかけは人それぞれです。
最初は衝動買いでも、なんとなくでもいいのです。
犬を飼う事は犬の命を背負い、責任を持って一生面倒見るということです。

残念ながらこのことをきちんと話理解させてくれる、ペットショップは少なく人間の勝手で犬を扱います。
でも犬には感情があるので、人と同じように喜んだり悲しんだりもします。

犬は飼い主を選べません。
犬を選べるのは人間だけです。

最初から完璧な人がいないように、犬も少しずついろいろな事を覚えていきます。
最初からトイレが完璧でいたずらしない犬はいません。

飼い主が犬に教え、飼い主も犬からいろいろな事を学びます。
犬種ごとの特徴はありますが、同じ兄弟犬でも性格はバラバラです。

犬にも個性があるということを知ってほしいと思います。
犬は人のように計算もしないし、見返りを求めることもしません。

常に飼い主を見ていて、自分も見て欲しい、愛して欲しいと思っているだけです。
飼ったはいいけど結局手に負えず保健所に連れて行く人もいますが、保健所に連れて行くという事は殺処分させに行く事だと知っていますか?

言葉を話せなくても犬は、お金では買えない大切な事をたくさん教えてくれます。
犬を飼う前に犬の十戒を読み、もう一度考えてから決めてください。