ペットの名話 保管庫
  1. >>
  2. >>
  3. 犬と私の10の約束

犬と私の10の約束

犬の十戒は犬好きな人や、犬と暮らしている人なら一度は目にした事があるはずです。
もしも知らない人がいたら、是非一度読んで欲しいと思います。
犬と私の10の約束という映画は、犬の十戒を元にして作られた映画です。

犬と私の10の約束

大学病院で医師をしている父と、元気な母と北海道で暮らしているのが、中学生になる主人公の女の子があかりです。
あかりが学校から帰ると、庭に子犬が迷い込んでいました。

あかりは子犬を見つけて大喜びしますが、時を同じくしていつも元気だった母が倒れ病院に担ぎ込まれたと父から連絡が入ります。

子犬はいつの間にか姿を消し、あかりも病院に駆けつけます。
母親の状態は思っていたよりも悪く、あかりはショックを受けふさぎ込んでしまいます。

そんなあかりの前に、母が倒れた日に庭に迷い込んだ子犬と再会します。
片方の前足が白く靴下を履いているように見えたので、ペットとしてソックスと名づけます。

犬を飼うにあたり母はあかりに、犬と10の約束をしなければいけないことを伝えます。
その後母は息を引き取りますが、母を失った悲しみを癒してくれたのはソックスでした。

その後父の栄転をきっかけにあかりは寮暮らしをする事になりますが、寮はペット禁止です。
あかりはソックスを幼馴染の進に預けることにしました。

数年後には進もクラッシックギターを学ぶため海外に留学する事になります。
進が旅立つ日、あかりは父と一緒にバイクで空港に見送りにいきます。

ところがその途中で、父に入院中の患者の容体が急変したとの連絡が入り父は病院に向かわなければいけないので、あかりはタクシーで空港に向かいます。

結局空港についたのは、進が乗る飛行機が飛び立った後でした。
しかし空港の壁には進からのメモがあり、待っていてくれた事を知ります。

その時ソックスは進の家から、昔あかりと暮らしていた家に向かい一人で歩いていました。
途中ソックスは保護されますが、無事あかりと再会します。

空港の一見で娘を傷つけた事を後悔した父は、病院を辞め昔暮らしていた家に戻りソックスとの生活が始まります。
その後あかりは獣医学部に進学し、帰国した進と再会し付き合うようになります。

卒業後あかりは獣医師として、旭山動物園で働き始めます。
忙しい毎日の中で、ソックスと過ごす時間も減っていましたがあかりはその事すら忘れています。

そんな時、進が事故にあいギターを引けなくなり、落ち込んでいる事を知ります。
あかりはソックスを進に預ける事にしました。

あかりは母を失った時ショックのあまり首が動かなくなってしまった事があります。
その時首を治してくれたのは医師である父ではなく、ソックスの優しさだったのです。

この経験があるからあかりは、ソックスを進に預けたのでしょう。

犬との関わり方を考えさせられる

この話は映画にもなっていますが、本も出版されています。

犬の十戒が元になっているので、見終わった後にペットの犬との関わり方を考えさせられる内容となっています。