ペットの名話 保管庫
  1. >>
  2. >>
  3. セキセイインコがよくする仕草・行動の意味
インコ

セキセイインコがよくする仕草・行動の意味

セキセイインコの鳴き声から気持がわかる

セキセイインコは鳥類の中でも知能が高くペットにしやすい動物の一つです。

鳥類はあまり顔に表情が出にくいものですが、セキセイインコの場合には体全体でコミカルな動きをしてくれるのでその動作からどんなことを感じているかがとても推測できやすいという特徴があります。

セキセイインコの様子を見る基準としては「鳴き声」「仕草」「表情」「動き」といったものがあるのでそれらを複数組み合わせて判断していくようにしましょう。

中でもセキセイインコは鳴き声を器用に使い分けすることができるので、どんな声で鳴いているかということは毎日きちんと耳を澄ませて聞いてあげるようにしてください。

機嫌がよい時の鳴き声は「ピルルルルル~」といった高く柔らかい音色をしています。

人がいないときなどによくしているのが「ギャギャギャギャ」といった濁った音なのですが、これをしていると機嫌が悪いのかというと決してそうではありません。

楽しく遊んでいる時にもしばしばこの「ギャギャギャギャ」という声を上げるので、いい意味でも悪い意味でも興奮しているときに出す声だと思った方がよいでしょう。

気分がよいときによくする仕草

セキセイインコは気分が良い時には自分から飼い主さんに近づいてきたりするわかりやすい感情表現をします。

飼い主さんと信頼関係ができていて自分から好意を示すときの行動としては自分から飼い主さんの手の上に乗ってくれたり体を寄せてきたりします。

飼い主さんがなでてあげているときにまばたきを多くしたり、くちばしを半開きにして舌を動かしていたりするのはかなりリラックスしている証拠です。

基本的に機嫌がよいときにはあまり体を動かさずに飼い主さんに体を預けるようにしてくれるのでふれあいを大切にしてあげてください。

ちなみにこうしたリラックスした状態にあるときには脳の動きも活発で素直にものを覚えることができるので、新しい言葉や鳴き方を教えるときにはまずはこうした状態にもっていくようにするのがよいと言えます。

セキセイインコを飼うにはケージの中に入れていると思いますが、手を入れた時に頭を下げて手の下に体を入れようとするのはなでて欲しいという合図です。

セキセイインコ独特といえるのが言葉を教えて欲しい時や声で会話をしたいというときには口元に近づくということです。

これをしている時にはあまり触れないでください

反対にあまり機嫌がよくないときにする仕草もあります。

まず機嫌が悪いセキセイインコがよくするのが、体を震わせたり落ち着かなく動きまわったりするということです。

体に触れてもバタバタと羽を動かしたりブルブルと体を震わせたりする仕草をするときには何らかの理由でストレスを感じています。

気温が暑いときや不快な音や臭いがするときにはこうしたことをよくするので、そんな時には無理に触れようとはしないで気分が落ち着くのを待つようにしましょう。

また眠い時や休みたいという時には片足立ちをしていたり、顔を自分の背中側に向けて羽の中につっこむような姿勢をとります。

かまってほしくない仕草をするときに無理に近づくと機嫌を損ねてしまったりするので、そうしたサインが出ているときにはしばらく距離をとって様子を見守ってあげてください。